老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

50歳男性「老後資金はいくら準備しておけば安心できる?」

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、

お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答える

FPの家計相談シリーズ。

 

 

 

今回はマネーフォワードから生まれたお金の相談窓口

『mirai talk』のFPがお答えします。

 

 

子供たちの教育費には目途がつき、

自分たちの老後資金をしっかり準備しなくてはいけない歳になりました。

 

 

会社の確定拠出年金には加入しているのですが、

今後どのくらいお金を準備しておかなければいけないのかわからず、

不安です。

 

 

また、保険も加入してから見直しをしていないので、

家計に合った負担になっているのかわかりません。

アドバイスをいただけますか。

〈相談者プロフィール〉
・男性、50歳、既婚(妻:48歳、パート)、子供3人(23歳、21歳、16歳)
・職業:会社員
・手取り世帯月収:58万円
(夫:48万円、妻:10万円)
・手取り年間ボーナス(夫):100万円
・預貯金:700万円
・有価証券(投資信託など):1000万円
・確定拠出年金(DC):400万円
・学資保険:180万円×2人
・退職金予定(夫):2000万円

【支出の内訳(61.5万円)】
・住居費:12.8万円(持ち家、ローン残期間10年)
・保険:4万円(夫:医療0.5万円、ガン・死亡1.2万円、妻:死亡0.8万円、他)
・教育費:6万円(塾・習い事)
・通信費:1.6万円(携帯×4・自宅回線)
・自動車費:1.8万円(ガソリン、駐車場代など)
・食費:15万円(外食含む)
・水道光熱費:2.5万円
・日用品:1.5万円
・趣味・娯楽:5万円
・衣料・美容:3万円
・健康・医療:1.3万円(ジム代含む)
・交通費:2万円
・交際費:4万円(夫婦のお小遣い含む)
・不明:1万円

 

 

FP: ご相談ありがとうございます。

miraitalkファイナンシャルプランナーの大石です。

老後資金が心配なのですね。

 

 

見たところ、預貯金などは十分あるように思えますが、

家計も含め、見ていきましょう。

 

 

老後、夫婦二人になったら支出を下げられる?

今はお子さんと暮らしているので支出が多いのでしょうが、

お子さんが一人ずつ独立し、ご夫婦二人暮らしになった時、

生活費はいくらかかるでしょうか。

 

 

なかなか支出を下げられないと悩むご夫婦も多いので、

相談者さんもそうならないかと心配です。

 

 

もし、今の生活レベルを落とせず、

単に住宅ローンがなくなっただけという暮らし方になってしまったら、

老後資金として資産はいつまで持つでしょうか。

 

 

現状の資産をベースに、年金は少々多めの月々23万円強もらえるという想定で考えてみましょう。

 

 

今の生活レベルを維持すると、老後資金は何年で底をつく?

今の家計のまま老後に入ってしまうと、年金収入以外で、

毎月25万円ほどの補填が必要となります。

 

 

現状、学資保険を除いた資産は4100万円程あります。

老後資金が結構貯まっているように思えますが、

今の家計のままでは、老後生活は13年しか持ちません。

 

 

あとは年金だけで暮らすことになりますが、

通常の生活費の半分程で暮らすわけですから、

かなり苦しく感じると思います。

 

 

そのためにも、定年退職する前に、ゆっくりと生活をサイズダウンしておくことが大切です。

お子さんがお二人成人しているのですから、少しずつ取り組むことは無理ではないと思います。

そのために実践する削減策は、お子さんたちが独立した時、

生活するための知恵として活用してもらえるものになるかもしれません。

 

 

塾代などの今かかる教育費は仕方がないと思いますが、

教育費がかかる期間が終わったら、浮いたお金で違うことをしようと考えるのではなく、

きちんと家計をダウンサイズしていくことを考えましょう。

 

 

その分貯蓄に回していくと、より老後の蓄えが増えていきます。

 

 

変動費はもっと削減できる!

住宅ローンは一般的な程度だと思いますが、

その他の生活費は比較的多めだと思います。

食費、趣味・娯楽、衣料・美容、交際費などの変動費は、

もっと削減できるのではないかなと思います。

 

 

相談者さんご夫婦もお子さんも、だんだん年を取り、量より質という食生活に変わっているのかもしれませんし、

今したいことを楽しむという方針かもしれませんが、

全部にお金をかけていると、お金はいくらあっても足りません。

 

 

支出にメリハリをつけるために、優先順位などをきちんと考えて使いましょう。

生命保険料も、少々高めな印象です。まだ扶養が必要なお子さんがいるので

死亡保障はつけておいてもよいと思いますが、

 

 

独立する頃になると、死亡保障はなくてもよいでしょう。

定年までにもっと貯蓄を増やすことができれば、葬式代は貯蓄から出すこともできます。

 

 

保険も含めてですが、自分たちに必要なものは何かをしっかり検討して、

納得してお金を払うようにしましょう。

 

 

将来よりも、まずは今、黒字化することを目指して

「将来いくら必要?」「節約できないままだと将来どうなるかわからない」など、

予測的な話ばかりしていても現状は変わりません。

「今を黒字化する」ことが、将来の貯蓄額を増やす近道です。

 

 

支出をきちんと把握し、必要なものとそうでないものを切り分け、

大切だと思うことを中心にお金をかけていきましょう。

 

 

また、お子さんが今後実家を離れるかどうかはわかりませんが、

世帯を持つまでは同居のまま社会人生活を送りたいというのであれば、

家賃や生活費はきちんともらうようにしましょう。

 

 

自分にかかる費用を自分できちんと払えることも、社会人としては大切なことです。

生活費のダウンサイズを家族で話し合って、うまく取り組むことができたら、

定年までにもう1000万円くらい資産を増やせる可能性もあります。

 

 

貯えを増やして、老後にかかる生活費を圧縮する。

老後生活に向けてできることは、これにつきます。

そして、定年を迎えるときに元気があれば、働き続けるという選択をしてもよいのです。

 

 

まずはできるところから始めていきましょう。

 

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]
新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

 

 

 

引用元:https://media.moneyforward.com/

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る