老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

50歳男性、希望利回りから考える老後資金のつくり方

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、

お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答える

FPの家計相談シリーズ。

 

 

今回は野瀬大樹氏がお答えします。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 


子どもたちの受験費用と学費を捻出するために

凍結していた投資を再開したいと思っています。

65歳までは働くつもりです。

 

 

退職までの15年間で、年250万円程度の投資を行い、

年金・退職金とは別に定年時までに

6,000~8,000万円程度の老後資金をつくりたいと思っています。

 

 

そこで、現在の日本株中心の投資に不安を感じています。

長期投資前提で、年250万円の投資方法、投資先をご指南ください。

 

 

また、投資している2,700万円分を東京オリンピックの前に、

一度換金して再投資したいと思っています。

 

 

時期は自ら判断しますが、投資方法、投資先をご指南ください。

日本株中心の資産ということが不安なのです。

 

 

〈相談者プロフィール〉
・男性、50歳、既婚、子ども3人(大学1年、高校1年、中学1年)
・職業:会社員(管理職)
・手取り年収:1,000万円程度
・年間の支出目安:754万円(学費250万円含む)

<総資産2,900万円>
・現金:200万円
・個別日本株:700万円
・投資信託(すべて国内独立系運用会社数社):2,000万円

 

 

野瀬: 私はよく投資の話をする時に「

欲しい投資の利回りをまず決めてください」という話をします。

 

 

もちろん投資ですから、欲しい利回りが必ず手に入るわけではありません。

高い利回りには高いリスクが、低い利回りには低いリスクが存在するからです。

 

 

ただ、投資を始める前に、高いリスクをとってでも高い利回りが欲しいのか、

低い利回りでよいのでリスクを極力減らしたいのかという投資のポリシーを確認しているのです。

 

 

ですからまず、相談者の方が欲しい(必要な)利回りがいくらか考えてから、

次に何に投資するかを考えましょう。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

定年時に老後資金6,000万は可能?

 

相談者の方は、とりあえず定年時に6,000~8,000万円を目指しておられますが、

まずはそれがそもそも可能か、私もエクセルを作成して計算してみました。

 

 

いただいている情報からでは不明な点もありますので、

可能な限り推察して(お子さんの大学は私立、定年後は年収400万、

お住まいは東京都心ではなく郊外か地方都市、

お子さんは23歳で独立など)シミュレーションしましたが、

 

 

今の貯金ペースの範囲内では定年時に年金・退職金とは別に、

なんとかちょうど6,000万円の財産を残すことが可能だと考えらえます。

 

 

ただ、この6,000万円について、今後のシミュレーションを組んだのですが、

相談者の方おひとりではなく、奥様の老後まで考えますと

「余裕のある老後」のためには少し心許ない計算になります。

 

 

ですから、相談者の方の考え通り投資を行うことで、

ある程度補強をする必要があるでしょう。

相談者の方が仰るように、今からしっかり投資を行った場合、

定年時の「年間の利回り」で考えると下記のようになります。

 

 

4%: 8,000万円
5%: 8,500万円
6%: 9,100万円

 

 

もちろん、財産のすべてを投資に回すわけではありませんが、

仮に300~500万円程度の預金をキープしても、5%の利回りを実現すれば、

十分8,000万円には届きます。

 

 

となると、相談者の方の目的が億万長者ではなく、

老後資金である以上、目指すべきは4~5%までの継続した利回りということになります。

 

 

4~5%の利回りを手に入れるためには?

 

正直目指すのが4~5%ぐらいであれば、あまりリスクの高い投資に手を出す必要はありません。

リスクが高いというのは、大きな借金をして不動産投資をしたり、

新興国の外貨建て債券にドカンとぶち込んだりするような投資のことです。

 

 

それでは、ひとつずつ相談者の方の質問にお答えしていきたいと思います。

 

 

(1.)年250万円を投資するとして、長期投資で日本株以外ならどこがよいか

 

 

現在は株も投資信託も日本株中心とおうかがいしていますので、

こちらを分散するための投資を行う程度でよいでしょう。

いくらかの金額を海外投資に振り分けるのがよいと思います。

 

 

ただ、リスクをとる必要はありませんので、個別銘柄は避け、

また新興国だけではなく、その他の各国株も取り入れた

海外バランス型の投資信託がよいかと思います。

 

 

あとは、ちゃんと手数料が少ないものを探してコツコツ積立投資を続けるとよいでしょう。

またその場合、分配型の投資信託のほうがよいと思います。

通常、お金を増やすのであれば、分配型よりもきっちり再投資を

行ったほうがよいとされているのですが、ただ単にお金を増やすのではなく、

老後資金の場合は強制的にお金として分配されるほうが、

 

 

いちいち資金の必要に応じて売却の判断をしなくても良いからです。

あまり面白くない答えで申し訳ありません。

しかし、狙う利回りが低い以上、なにか際立ったポジションをとる必要はありません。

王道を地道にゆっくり進めばよいのです。

 

 

(2.)2020年前にまとまったお金はどこに投資するべきか

 

 

私は、日本の景気は東京五輪までは

大きく伸びることはなくても大崩れはしないと考えています。

もちろん人口が減少していく日本では内需がこれ以上伸びる要素はないので、

全面的にドンドン株価が上がる…ということもないでしょう。

 

 

しかし、政府がメンツと支持率のために、赤字国債を増やしてでも

何とか景気を支えようとするでしょうし、

実際にそういった後先考えない景気刺激策も効果が出るのは事実だからです。

 

 

では、現在投資している2,700万円のリバランスはどうすればよいのでしょうか。

こちらも基本的には、(1.)と同様、海外のバランス型の投資信託に

半分ぐらい切り替えるとよいと思います。

 

 

資源型、新興国型と、なにかに特化した投資信託は

ガツンと下がってしまう可能性があるので、

あくまで平均的に4~5%ぐらいを狙うバランス型です。

 

 

スポンサーリンク


 

 

不動産もひとつの選択肢に入れて

 

そして、「不動産」というのもひとつの選択肢だと思います。

「あれ、さっきリスクの高いものはダメって言ったじゃないか!」

と思うかもしれませんが、ここでいう不動産は少し違います。

 

 

確かに不動産というと、借金をしてドカンと買うイメージがあるのですが、

そうではなくて、少しだけ借金をして(もしくは現金で)、

築15~20年程度の、夫婦二人で住める程度の広さの物件を購入するのです。

 

 

今の家賃10万円のご自宅は、5人家族用の家だと思いますので、

今後お子様たちが独立されていくとその広さがムダになります。

それに、お子様たちの教育環境などを意識して、

今のお住まいを選ばれていると思いますが、

今後の夫婦二人生活にマッチする生活環境はまた違うはずです。

 

 

ですから、お子様たちの状況を見計らって、

よりコンパクトで老後の生活に便利な家にシフトするとよいでしょう。

 

 

もちろん家賃の安い賃貸の家に引っ越すのもアリですが、

持ち家があると、たとえそれを投資用として賃貸に出していても

「経済的に困ることがあっても家賃なしで住むことができる家がある」

という安心感が得られるのも事実です。

 

 

不動産自体の実際の利回りというのはそれほど高くありませんが、

この住む場所の保険としての機能を考えれば、低い利回りでも納得できます。

 

 

東京通勤圏であっても築20年であれば、

1,000万円を切る値段で夫婦二人で余裕を

持って住める家はゴロゴロあります。

 

 

今は少し不動産の値段が高騰しているので、今すぐにという話ではないですが、

将来住む家としての保険にもなるし、5人から2人とダウンサイズする家族形態に

マッチさせることもできるので、不動産という選択肢は決して悪いものではないと思います。

 

 

興味があるエリアの物件を継続的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、今回の目的は4~5%ぐらいの利回り確保ですので、

あくまで少額で古い物件を狙うのを忘れないようにしてください。

 

 

 

投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

引用元:https://media.moneyforward.com/

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る