老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

40~50代にかけてのライフステージは、「中年期の危機」、

別名「ミッドライフ・クライシス」とも呼ばれ、

さまざまな不安や心理的葛藤を感じやすい時期といわれます。

 

 

職場では仕事上の責任が増す一方、

私生活では教育費や住宅の購入といった大きな支出が続き、

老後の資産形成を行いながら親の健康・介護問題に向き合う人も出始める時期です。

 

 

また、自身の体型・体調の変化や健康診断の結果も

気になり始めるのもこの時期。

家計や健康の面でも「クライシス」に陥りやすい

ライフステージといえるかもしれません。

 

 

今回は「50代以降を健康に過ごした男女が続けていた生活習慣」

に関するデータを紹介し、5

0代以降の人生後半期を充実して迎えるためのプロアクティブな

(前向きな)備えについて考えてみたいと思います。

 

簡単ではない50代以降の健康維持

人生100年時代を迎えるにあたり、

50代以降のライフステージを健康に過ごすには

いったいどのような生活習慣が重要なのでしょうか。

 

 

健康意識の高いミドル世代であれば誰もが知りたい

このテーマですが、多くの情報のなかからいったい何を

信じたらよいのかと悩ましく感じる人も多いことでしょう。

 

 

厚生労働省が2005年10月時点で50代だった

男女の健康意識や生活習慣を毎年1回、

継続的に追跡した結果を分析したところ、

 

 

自身の健康状態について、初回調査から第12回まで継続して

“よい”と答えた人は男性では45.4%、

女性では46.6%であったことが明らかになりました。

 

 

ミドル世代にとって、50代以降の10年間の健康状態を

よい状態で保っていくことは、

決して簡単ではないことがうかがえます。

 

 

運動習慣の重要性

このような男女が初回調査時から継続してきた

健康維持のための心がけに関する集計結果です。

 

 

男性では「適度な運動をする」、

女性では「バランスを考え多様な食品をとる」

がそれぞれもっとも多くあげられています。

 

 

「お酒を飲みすぎない」「たばこを吸い過ぎない」

「年に1回以上人間ドックを受診する」

を除くすべての項目で女性が男性を上回っており、

女性のほうが多くのことを心がけていることがわかります。

 

 

これらのうち「適度な運動をする」という点は

男女に共通して多くあげられています。

現在、政府が国民の健康づくりに関して進めている

「健康日本21(第2次)」でも、

 

 

1回30分以上の運動を週2回以上実施し、

1年以上継続している「運動習慣者」

の割合を高めることが目標とされています。

 

 

就労の継続や仕事以外の活動も重要

また、近年では長く働き続けることや、運動・スポーツに限らず、

文化的な活動も含めた多様な社会的活動にかかわることも

高齢期の心身の健康を維持していく上で効果的だといわれています。

 

 

公的年金の支給開始年齢の引き上げなど、

ミドル世代の老後の資金計画を取り巻く環境は

現在の高齢世代より厳しさを増します。

 

 

しかし、長く働き続けることは、家計の安心感を高めつつ、

心身の健康を維持することにもつながります。

 

 

他方、地域活動やボランティア活動、趣味といった

仕事以外の時間を充実させることにも、

働けなくなった後の日々を豊かにするといった

ポジティブな面があるようです。

 

 

ミドル世代の強み

ミドル世代が、自身の心身の健康を維持するための生活習慣を

早い時期から主体的に意識して実践していくことは、

充実した人生後半期を迎える上で大きな強みになるでしょう。

 

 

今回ご紹介した

「50代以降を健康に過ごした男女が続けていた生活習慣」は、

「健康面のクライシスを迎えなかったミドルの生活習慣」

とみることもできます。

 

 

人生100年時代になれば、50歳はまだ折り返し地点。

長丁場の人生後半期を充実して過ごすため、

運動習慣や食生活を通じた身体面の健康づくりの重要性とともに、

 

 

長く働き続けるためのスキルアップや

仕事以外の時間の充実についても

考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]
新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

 

 

引用元:https://media.moneyforward.com/

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る