老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

自分にぴったりのiDeCo金融機関を選ぶ3つのポイント

iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)の仕組みも

メリットもわかってやる気が出たなら、

早速iDeCoの加入の申し込みをしましょう!

 

 

「運営管理機関」と呼ばれる金融機関を選んで、

そこでiDeCo専用の口座を開設します。

 

 

そのとき注意したいのは、銀行や証券会社、保険会社など

iDeCoが利用できる金融機関はたくさんありますが、

その中で自分が選べる金融機関は1社のみであること。

 

 

もし仮に別の金融機関に変更したい場合は、

すべての運用資産を一度売却して現金に換えなければならなかったり、

中には変更のための手数料がかかる金融機関があるなど、

面倒な手続きがたくさんあるのです。

 

 

そこで今回は、最初から後悔なく自分にぴったりの金融機関を選ぶために、

ぜひとも押さえておきたい3つのポイントを解説します。

 

 

スポンサーリンク


 

 

口座管理手数料が安い

 

最初に知ってもらいたいのが、「iDeCoにはさまざまな手数料がかかる」ということです。

しかし、選び方次第でその手数料を安くできる金融機関(運営管理機関)を見つけることができます。

 

 

まず、iDeCoに加入する時は、初回だけ最低2,777円の手数料を支払う必要があります。

また、iDeCoで運用している間は、口座管理手数料を最低でも毎月167円(積立を行う場合)、支払います。

 

 

この口座管理手数料は金融機関によってまちまちです。

一番安いところだと最低額の月額167円(年額2,004円)ですが、

月額約400~500円(年額約4,800~6,000円)ほどかかるところが多いです。

 

 

口座管理手数料が安い金融機関を下記に挙げてみました。

 

 

●口座管理手数料が安い金融機関(五十音順)

 

金融機関名 加入時の手数料(初回のみ) 口座管理手数料(毎月/積立を行う場合)
イオン銀行 2,777円 167円
SBI証券 2,777円 167円
大和証券 2,777円 167円
松井証券 2,777円 167円
マネックス証券 2,777円 167円
楽天証券 2,777円 167円

※上図のデータは2018年6月25日現在のもの

 

 

口座管理手数料が安いか高いかで、年間で3,000~4,000円くらいの差が出てきます。

費用をなるべくかけたくないのであれば、口座管理手数料が安い金融機関を

選ぶのは大事なポイントです。

 

 

金融機関ごとで手数料がどれだけ違うのか、詳しく調べてみたい方は、

「iDeCo(イデコ)ナビ」の「手数料(口座管理料)で比較」

チェックしてみるとよいでしょう。

 

 

金融機関ごとに各種手数料が一覧表示されているので、比較検討がしやすいです。

しかし、手数料が安いだけで金融機関を選ぶのはまだちょっと早いです。

続けて、2つ目のポイントをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

わからないことがあったら確認できるサポート体制がある

 

「iDeCoの加入者へのサポート体制が充実しているか」も、

金融機関選びの際にチェックしておきたいところです。

 

 

運用商品の選定や掛け金の配分、資産残高の確認など、

iDeCoの運用におけるさまざまな手続きは、

WEB上の画面を通して加入者自身が行います。

 

 

しかしその際、わからないことや疑問点はたくさん出てくると思われます。

 

 

そこで頼りになるのが、金融機関のiDeCo専用のコールセンターです。

iDeCoに関する各種手続きについてコールセンターの

オペレーターに聞いて確認することができます。

 

 

まずは、「平日の夜間や土日でもコールセンターが利用できるか」をチェックしましょう。

もし平日18時頃でコールセンターが終了する金融機関であれば、

仕事や家事などで忙しい人だと不便だからです。

 

 

また、iDeCoに加入する前に、実際に金融機関のコールセンターに電話をしてみて、

「コールセンターがつながりやすいか」

「コールセンターのオペレーターの電話応対がよいか、

丁寧に説明してくれるか」を確認してみるのもよいでしょう。

 

 

金融機関ごとでサポート体制がどうなっているのか、具体的に知りたい方は、

「iDeCo(イデコ)ナビ」の「サポートで比較」でチェックしてみてください。

 

 

コールセンターの電話番号や受付の曜日・時間、加入者用WEBページの

使いやすさなども確認できます。

 

 

運用商品が種類豊富で、まんべんなくそろっている

 

さらに、「iDeCoで運用する商品が種類豊富で、まんべんなくそろっているか」も、

金融機関を選ぶ際の大事なポイントになります。

 

 

iDeCoの運用商品には大きく分けて、定期預金や保険といった「元本確保型商品」と、

投資信託といった「元本変動型商品」の2種類があります。

 

 

どの商品を何本取り扱っているかは、金融機関によって異なります。

取り扱う商品数が数十本以上もある金融機関があれば、

数本と一ケタに厳選している金融機関もあります。

 

 

ただ、本数が少ないからといって、その金融機関を選ばないというのはちょっと早計です。

問題はそのラインアップです。定期預金や保険、投資信託など、

それぞれのタイプの商品がまんべんなく取りそろっているかが大事です。

 

 

商品の種類が豊富であれば、加入者としては運用の選択肢が大いに広がります。

 

 

金融機関ごとでどのような商品を取り扱っているのか、もっと具体的に見てみたい方は、

「iDeCo(イデコ)ナビ」の「商品内容で比較」でチェックしてみるとよいでしょう。

 

 

例えば、ひと口に投資信託といっても、

「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」といったように、

さまざまなタイプの商品がありますよ。

 

 

信頼できる金融機関を選ぶことが大事

 

以上、iDeCoの金融機関を選ぶ際に3つのポイントをご紹介しましたが、

最後に決め手になるのは、「あなたにとって信頼できる金融機関かどうか」です。

 

 

たとえ手数料が安いとしても、コールセンターの対応が十分でなかったとしたなら、

あなたに合う金融機関とはいえないかもしれません。

 

 

逆に、手数料が高めだったとしても、コールセンターで丁寧な応対をしてくれるのであれば、

その金融機関を選ぶべきかもしれません。

 

 

自分自身が何を重視して選ぶのか、何に納得できるかをしっかり見定めた上で、

金融機関を選ぶとよいでしょう。

 

 

 

図解知識ゼロからはじめるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書 [ 大江加代 ]

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

引用元:https://media.moneyforward.com/

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る