老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

皆さん 年金いくら貰っていますか?リアルな年金額です

人生100年時代と言われている昨今ですが

ますます、老後の事が心配になってきますよね。

 

 

 

老後破産にならないように一日でも早く

節約、保険の見直しをし預金をすることを

ファイナンシャルプランナーは言っています。

 

 

スポンサーリンク



現在年金を受け取っている人達の

リアルな情報をお届けします。

 

 

何かピンと来たら今すぐ

老後対策はじめましょう!

 

他の方の年金が気になります。

夫68歳です。1部上場の会社に40年近く勤めていました。

企業年金も入っていました。

年金 月にしたら40万あると言う人もいます。

 

うちは二つ会わせて月に23万ぐらいです。

 

 

我が家の年金受給額

月額にすると、主人は二十四万円(厚生年金)
私は九万円(厚生年金+国民年金)
預金、国債、株式、外国債等には手を付けずに、

年金だけで十分に暮らせます。(地方都市で暮らしています)

 

 

貰えるだけでありがたい

我が家主人の事ですが、高卒で中小企業に就職し

52歳で退職→アルバイト(国民年金8か月)→派遣社員(厚生年金加入)。

1カ月の空白も無く今月無事60歳になりました。
64歳までは約142万、その後はもろもろ261万。

64歳までは一月11万8千円。
65歳以降は約21万7千円

妻の私が65歳になると二人合わせて

25万超えますが、先が長いので主人が

この世にいるかどうか(汗)

頂くだけでとてもありがたいと思います。
が、若い人たちの事を考えると手放しで

喜ぶのも申し訳ない気持ちです。

政治家の皆さん、若い人たちに不安を取り除くよう努力して下さい!

 

 

聞いた話ですみません

ご近所のご夫婦。
奥様は定年まで教員、旦那様は校長を定年まで、

その後教育委員会でトップまで上り詰めました。

 

年金はご夫婦合わせて、月額100万円前後もらっているそうです。
娘さん一家(親子3人)がリストラで同居していたことがあったそうですが、

余裕で養えたとか。うらやましいぜ、公務員。

 

 

スポンサーリンク


両親ですが

二人合わせていろいろひかれて手取34万といってます。
訳あって預金は少ないですが、家賃もなく二人暮らしていくには十分です。

ありがたいです。

近所の仲良くしているご夫婦は、だんなさんが大工さんだったため

国民年金で月7万~8万ほどで少ない生活がきついとばやいているそうです。
二人ともよく働いたので、贅沢とまではいかなくても欲しいものは買って

それなりの生活して欲しいです。

なぜか家の実家は生活家電がよく壊れて、修理代が新品を上回るなんてこともしばしば。

私に言わせればもったいないな~~。
私の家の物はそんなに壊れないんだけどなぜか不思議です。

 

 

親に聞いてみました

父78才高卒で60才定年まで一部上場企業の現地社員を勤め上げ、

42年間勤務。母専業主婦72才。
夫婦で年間300万くらいだそうです。
ほぼ私の年収じゃ! うらやましい~~

 

 

共稼ぎの年金

私と夫は子供二人を育てながら定年の65歳まで勤め上げました。

それぞれの会社の企業年金の積立金,二人分の厚生年金保険料など,

本当にたくさんのお金を40年以上も毎月払って来ました。

その結果が二人分合計で月額85万円の年金収入です。

共稼ぎの年金をうらやましいとおっしゃるレスもありますがが,

主婦が仕事を持つ事からくる負担や苦労を、心ならずも夫や幼い子供たちにまで

負わせがちだった毎日の積み重ねから得られた結果だと私は思っています。

 

老夫婦がお金の心配なく老後を過ごせるのも,子供たちが親に援助をする苦労がないのも、

我が家の場合は共働きの時の家族みんなの苦労の賜物だと思っています。

現在の状態だけをうらやましがらないで、長い苦労の結果だと考えていただきたいと思います。

 

 

うちも

両親70超えで父 炭鉱労働者 母 教員で 二人で1000万円超です。

たまに大きな買い物する時は未だに脛を齧っています。

 

 

びっくりした・・・

職場の方のご両親(両方元教員)は
月額70万超えていると仰っていました。

 

 

うちの両親の場合

78歳父は2ヶ月で11万、76歳母は2ヶ月で8万。

(母は国民年金を60歳から受給)

母一人だったら生活は出来ません。

 

 

今年70歳になるうちの父は勤務医でした。

40年近く地域医療に尽くしてきました。
年金額23万円です。

 

 

スポンサーリンク


実父と義父

今年80歳になる父。60歳まで正社員で事務職を勤め上げましたが、万年ヒラ社員。
私たちが子供の頃は、将来の学費を貯めるために、貧乏暮らしを余儀なくされていました。

現在の年金は2ヶ月で38万とのことですから、ひと月あたり19万円です。

 

田舎で持ち家なので、生活費としては十分すぎ、余るそうです。

孫の教育費も援助してくれる予定になっています。ありがたや~。

一方、71歳の義父は、正確には知りませんが、10万ちょっとではないかと推測されます。

義母は「生活できない」と言い、今もフルタイムで体力仕事のパートをしています。

どうやら、度々会社を変わり、つなぎでアルバイトをしていた期間が長かったのが原因のようです。

 

 

公務員夫婦で月100万円ですって。ありえません

夫婦が教職公務員のケースについて、あわせて月額100万とか70万超とかという伝聞レスがありますが、

ありえません。
こうしたデマは根拠のない公務員たたきにつながります。

不確かなことは書かないほうがいいです。

夫婦がともに企業に勤めていたケースでは、企業年金もふくめれば、

合計100万はありえなくはないですが、そんな企業は大企業でもそうはないです。
高額年金については、個人年金をふくんでいるのではありませんか。

 

 

元地方公務員

父74歳(教員)、母69歳(教員、結婚後は国民年金)
2人合わせて月40万円~だそうです。
いつも「少ない、少ない」と嘆いているけれど、
私からみれば「どこが!?」と思います。

持ち家のローンもとっくに終わり、旅行三昧の生活をしているようです。
羨ましい…

 

 

えぇのう・・・

25歳、年金受給できるのは何歳からになるやら・・・
40代より下は払った金額>もらえる金額でしたっけ?
正直馬鹿らしいですが、これまで日本を支えてくださった皆さんのために
未納は絶対しないよう心に決めています。

そんな私からのお願いです。
せめて、せめて、消費に回してください。
皆さんが消費してくださればそれは賃金という形で
私たち現役労働者にもどってきます。
国産の商品をたくさん買ってください。

 

 

母ひとりで300万円くらい

母は専門職の地方公務員でした。定年前に辞めたので、母自身の年金はそうでもないと思うのですが、

数年前に亡くなった父の個人年金を受け継ぎ、全額はもらえないらしく半額、

またある特殊な役職に最後についていた父の遺族年金などを合わせて300万くらいです。

こう書くと預金も結構ある家に感じるかもしれませんが、ある事情、プラス交際費などで使ってしまい、

貯金は殆どないです。でも暮らしていくには十分な金額だそうです。

 

 

再レスです。教職公務員の年金について

Pさんのご指摘にもありましたが、あわせて100万はどうでしょうね?
でも教育委員のトップはかなり貰っていますよ。
なにしろウチの父はヒラで終わりましたが、年金受給してみたら
月30万円くらい。母のぶんを足すと40万円くらい。

母は結婚を機に退職したので合算してもたいした額にはなりませんが、
共働きでずっときていたら2人で60万円は貰えたことになります。
共働きでさらに校長などの管理職を勤めあげれば70万円とかは
現実にある話ですよ。

 

 

うちの両親も元教員ですが

実際に、夫婦で教員をしていてトップまで上りつめた場合、
かなりの金額になります
教員の給与水準の高さは、各所で問題視され始めています
文部科学省公表資料によれば、事務次官よりも校長歴任者の方が
受給額が多くなる場合もあるとのこと

ちなみにうちの両親は合算して月額60万です

 

 

年代によってかなり違う?

夫は公立高校教諭、55歳。23歳で採用され、勤続32年。
数ヶ月前の社会保険庁からの通知によれば、このまま定年(60歳)まで勤め続けた場合、

65歳からもらえる年金が、月にすると20万数千円。(20数万円ではありませんよ)

そこから税金などが引かれるそうです。
今年から給料カットで、計算がまた違ってくる(当然、将来もらえる金額も減る)とも言われました。

どこかに間違いがあるのか、年代によってだいぶ違うのか…
今65歳以上の人は、とても恵まれているとは聞いていましたが、

それほど違うものなのか… ショックです。

 

 

スポンサーリンク


私の年金額について

50代後半の教員です。私の年齢では60歳から早期受給できます。

ただし、65歳から受給するより額は低くなりますが。

60歳からの年金額は月12万です。

年金額は世代によって違いがあります。

亡くなった母も教員でしたが、ずっと多く貰っていました。
転勤族で持ち家がない私は12万から税金、健康保険料などを引くと暮らすことはできません。

もちろん預金や退職金(減額されました)を取り崩しますので大丈夫ですが。

現在50代後半の私ですらこの金額です。若い教員はもっと少ないことでしょう。

共済年金の掛け金を長期間に渡ってかけてきたのにも関わらず、
実質的に受け取れる額は生活保護並みか以下です。
どの時代に生まれるかは選ぶことができません。若い方々がまじめに働き、掛け金を払ってきても、

より少ない年金を受け取らざるを得ないことに矛盾を感じます。

 

 

みなさん、すごいですね

ビックリしています。
皆さんとても高額の年金でこうも違うものか・・・と。

我が家は団塊世代の夫と50代半ばの私と二人暮らしです。
夫は58才で早期退職して(その後国民年金をかけました)
年金の月額は九万弱
私は65才から7万の受給額です
(国民年金ではなく厚生年金ですよ)

この金額ではとても生活できないので
夫はアルバイトをしていますし
私の健康保険に夫を入れています。
(私はフルタイムのパート社員です)

明るい老後どころではなく
日々の生活に毎日心配しています。

 

 

高校教員定年退職38年勤務

父、現在77才、公立共済の年金の振込み葉書の明細書ブルーの色、

先月初めて見せてくれましたが、手取り34万、公務員すごいじゃん!

しかし父曰く、よくよく見てごらん2ヶ月分!だよとのこと、

 

定年直後は手取りで23万だったそうです。

年々税金、国保の保険の掛金額が、高くなり、

今の金額になったそうです。

 

 

親戚の元地方公務員

この春に退職しましたが、月額15万くらいだそうです。
大学生の子どもがいるので、これでは生活できないと再就職しましたよ。

親戚曰く、団塊の世代が退職金も年金も食いつぶすから、

公務員でもこれからは安泰じゃない・・・だそうです。

 

 

年齢により違うものなのですね

我が家は夫61歳、64まで年間120万、64から年間240万です。

中小企業を二つ勤め上げ、今嘱託で年間600万の収入があります。

65歳まで元気で働いてくれれば基礎年金とあわせると、

現役時代と変わらない収入が得られますが、この先健康問題でどうなるかはわからないです。

私53歳の方はこの間国民年金を年間17万支払ってきました。
夫婦の年齢差が大きいのでふたり合わせての年金収入は随分先です。
毎年こんなに支払っても貰えるのは65歳から・・・・はたして生きているのかどうか・・はぁ~。

夫よりすぐ下の年齢の人達も貰える額が違うようで、なんだか先に生まれた方たちの方が

年金は多く貰えるみたいですね。
うちの祖母は98で亡くなりましたが、国民年金掛けてなくても貰えたようです。

公務員の共済年金てすごいんですね。
完全に年金生活に入っても大丈夫なようにあまり贅沢はしてません。

 

 

スポンサーリンク


教職夫婦の上限は60万円のを超える程度

教職夫婦で100万はありえないとしたPです。

妻はまもなく東京都の教員を退職しますが、試算によると20万ちょっと。

義父は校長で退職しましたが(現83歳)、30万前後だと聞いたような。

 

私の父は校長・教育委員会幹部などを歴任していましたが(生きていれば90歳)、
母の遺族年金から類推すると30万を少しこえる程度

(それでも教育公務員としては県で最高値だろろうと言っていましたね)。

 

結論的に言えば、教職夫婦はともに上り詰めたとしても、60万くらいが限度です。
それも相当年配に限ります。
これが不当とも思いません。サラリーマンの平均と比べても仕方ありませんから。

 

同程度の学歴の人は大企業に就職しており、そこと比べれば、やや高い程度になるのではありませんか。

なお、トピ本題にもどると、出版社を定年退職の私の年金は64歳時19万。

妻とあわせると最終的に40万弱となります。ほかに個人年金が3万。

 

利子収入などが現時点で4万。預貯金1億ちょっとはそんなに取り崩さずすみそうです。

まぁ比較的恵まれているほうだと思いますが、これも共働きの成果で、妻に感謝です。

 

 

71歳

大卒で薬品会社勤務。60歳定年です。
わたしの場合は60歳で年金(厚生年金)+企業年金で月38万円。
同じ同期が65歳で受け取り45万貰ってるようです。

同じく某薬品会社で67歳ですとうんと下がるようです。

 

 

地方公務員

元地方公務員63歳(男)、二ヶ月分で27万円
勤続36年60歳退職
扶養家族なし(共働き子供なし)

これが現実です
学歴は国立大学修士課程修了、上級職

 

 

先行き暗いです

少ない場合のレスはいくらもないようですが・・・
うちの70代の母は国民年金のみなので、2か月で10万円です。
父が生きている時は、それでも二人分だったので、まだ良かったのですが、

 

月五万では暮らせるわけではないですね。
古いけど家があるので何とか暮らしています。
40代の私はさて、いくらもらえるんでしょうか?
厚生年金でも今の母と変わらないくらいかもしれませんね・・

 

 

ありえる、ありえないじゃなくて

年代によってだいぶ差があるってことですよね。
元教員などで70歳くらい~の方々はきちんと大卒から勤めあげれば(←ここポイント)

ありえないとレスされていた額はいただいていますよ。

 

ありえる、ありえないなんて議論はナンセンスです。
とぴ主さんの『年金いくら貰っていますか?』の質問に皆さん答えているだけですから。

“そんなに貰えるわけないでしょっ”と息巻いても、実際に受けとっているほうにしてみたら

「はぁ?」って感じです。
それともなんですか、嘘の金額をレスして息巻いてる方を納得させたほうがいいですか。笑

 

 

高額年金

年配の方は記憶にあるのではと思いますが、昭和30年代前半まで恩給という制度があり、

今でも高齢の方は信じられないような年金をもらっています。

今の公務員は厚生年金と1割も違わないと思います。

 

 

教職関係者の数値を整理

公務員(とくに教職)関係者のレスを整理してみます。

セシルさん夫 55歳 満額で20万ちょっと(試算)
50代ですさん 50代後半 60歳で12万 (満額で18万ちょっとか)
タッキーさん父 77歳 手取り17万 定年時は23万

 

めろんぱんださん 60歳定年時15万 (満額で21万くらいか)
私の妻 58歳 満額で20万ちょっと(試算)
匿名さん 63歳 18万5000 (満額で25万くらいか) 上級職

年齢・職位などをを勘案すれば、ほぼ一致していますね。

 

現在80歳以上の人は30万近くもらえていたが、それが20万まで下がってきたということでしょう。

なお、夫婦の合算の限度を、私は、上り詰めたとして60万ちょっとと先に申しましたが、

理論値であって現実には難しいように思います。

夫が上り詰めれば、妻は退職という不文律がありましたからね。

今はどうなのか分かりませんが。

 

 

スポンサーリンク


遺族年金

まだつれあいは生きていますが私は内縁の妻で17年目です。
お互いに離婚しています。
お互いにわずかばかりの財産はあります、お互いに子供もあります。
よって死んだときややこしいから婚姻届けは提出していません。
こんな場合遺族年金は貰えますか?

 

回答

一定の条件が満たされれば受け取れるはずです。
私の母は最終的には婚姻関係にありましたが、内縁の妻の時点で第3号として認められていて、

現在遺族年金を受給されています。
これが仮に婚姻関係になくても受給されるはずだと思います。

 

回答

厚生年金法第3条第2項ならびに国民年金法5条6項に、

“「配偶者」「夫」及び「妻」には、婚姻の届出をしていないが、

事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むものとする。”

とありました。

また社会保険労務士に訊ねたところ、事実婚を証明できれば原則として遺族年金給付を

受けられるとの回答を得ました。

 

正確な金額教えます

地方公務員59歳で大学卒で36年間県庁に勤務しました。
先月年金額の通知が来ました。60歳から22万2000です。
但し2ヶ月分まとめて振込額です。1月分は11万円と少しです。

 

地方公務員が多いと誤解しているのは2ヶ月分を言っていると思われます。
ちなみに65歳からは19万円と少しです。これでも多いと思っています。
国民年金額だけもらっている人は40年間満額払っても最高限度額は月額6万8000円です。

 

これで国民が怒らないのは不思議な国と思います。国民よもっと怒れ。

 

 

我が父

10年前に死んだ父は、教員でした。生きていれば85歳。師範学校卒、最期は校長でした。

父の年金は2か月分の先払いで、30万円台半ばでした。母は遺族年金で6割もらっています。

もちろん2ヶ月分ですので、月額にして10万以下です。

 

余談ですが父は12月1日に死んだので、月あたまの1日生きただけで、

丸々ひと月分の年金をもらいました。

 

 

年金

個人年金年間200万公的年金約90万、妻個人年金60万公的年金80万
二人の合計430万、妻が65歳になったときですが。あと数年です。

 

 

生活保護以下

厚生年金12年国民年金28年加入。
65歳から月約8万円。妻の年金約5万円。二人合わせて月約13万円。
何歳まで生きるか分かりませんが預金を食い潰しながら生きていかなければなりません。

まじめに年金を掛けた人間より掛けない人間の方が支給額が多く恵まれていることに矛盾を感じます。
そう思うのは私だけでしょうか。

 

 

私の場合

昭和24年1月生まれの61歳、 大卒後少し大会社に勤めてから親の経営している

小さい会社を引き継いで現在経営しています。景気の良かった頃

(私が40歳から45歳ぐらい)は100万を超える給料をいただいていましたが、

徐々に経営が悪化し一番先に経営者の給与を下げて行きました。

 

現在は在職厚生年金報酬比例部分をいただけるのでその満額(月15万、年金基金含む)を

受給できる最低まで給与を落としています(月給14万円)。

社内で私が一番の薄給です。ですから月収29万円ということになります。

64歳になると年金が満額になり更に配偶者の加給金などで年金が

基金合わせて25万円ほどになり、給与そのままにしてもトータル39万円ほどになります。

さらに3年すると個人年金が月21万円ほどありトータルで60万円

それから3年ほどで引退するつもりです(70歳)。

 

 

それ以降は厚生年金+個人年金でトータル46万円。

でも個人年金は私が76歳になるまでしかありませんのでそれまでにどれだけ節約できるかですね。

子供はいません。土地込み評価5000万程度の一軒家を2軒所有しています。

それを処分して老人ホームにでも入ろうかと思ってます。

 

 

ほそぼそ年金

皆様の高額年金を見てビックリ・ガッカリ・ガックシ・・・
でも働いた分に対して収めた金額ですから納得です。

想像していた公務員の方々は給料の割りに少ない方も?
私どもと比べれば数段高額ですけど。
現実は厳しいですね。

 

私は今51歳で61歳から厚生年金3万円。
65歳から国民年金を足して9万円。
夫は今58歳国民年金プラス3年分の厚生年金?で65歳から7万円。

私が60歳まで働いて毎月15万円の生活費。

 

65歳まで預金を切り崩し、65歳から16万円の生活費の予定です。

国民年金を60歳から貰うと45000円ぐらい?
私の周りは安くても早く貰っている人が多いです。
早く貰うと61歳から2人で12万円ぐらい?かも。

 

持ち家が在るので支払いは光熱費・食費・お小遣いの予定。

予定どおりになるのでしょうか?微妙に不安もあります。

高額の方は書きやすいでしょうが、私のように国民年金オンリーに毛が生えた方も聞いてみたいです。

今も年金生活も変わらないであろう私ですが皆様自信を持たれましたか?

 

 

厚生年金ですが

65歳、63歳の友人がいる61歳です。
3人とも本部長、部長クラスまで行きましたが、予測年金受給額は250万/年です。
今の年金システムですと、生涯平均所得が300万円で40年で150万/年、

500万円で200万/年、750万円で250万円/年、前後となります。

 

これらに配偶者の年金が加わります。

サラリーマンの妻で収入なしとすると約80万/年が加わります。

これで大体の予測がつくと思います。

 

 

団塊世代ですが

50前半で早期退職しました。

厚生年金で、加入年数 ギリ30年です。
国民年金は、子供世代の負担を考え、未払いです。
家内も同じ考えです。(最低の30年加入)
現在 8万/月です。

 

家内は専業主婦です。夫婦65才になったら、
モデル年金23万の6割位(13~14万位)
貰えるのかな?

これでは、生活苦しくなると思い、起業しました。

 

景気変動リスクを考えて、2種類起業しました。

経費を引いて 現在50万位あります。
(伸び代は、あと20万位は可能です)
最低、後15年は収入確保出来る見込みです。
(私の健康が前提ですが)ーーー最大のリスク要因です。

よって、年金の方は現在手をつけて おりません。

 

 

年金

58歳自営業、厚生年金5年 その他国民年金。20年前より毎月
58000円の掛金で個人年金加入。60歳から毎月167000円
65歳から7万円増えて237000円の予定です。

個人年金加入時の金利が良かったのでこの結果になりました。

 

 

横です

厚生年金ギリ30年だと、国民年金と
似たり寄ったりのようですね。

現在、東京都下に在住で持家です。が
固定資産税が、年金の数ヶ月分です。

将来的には、持家を処分し、
意の沿わぬ「田舎暮らし」も視野に入れています。

心安らかに、老後を過ごしたいと願っております。

まとめ

 

いかがでしたか?

それぞれの状況に応じて年金額もばらばらでしたね。

やはり老後の心配は払拭できませんでした。

 

しかし今から取り組めるアイデアも出てきたのではないでしょうか?

 

 

新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

 

 

スポンサーリンク


 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る