老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

早めに年金を貰って死んだら、遺族厚生年金額も変わるのか?

早めに年金をもらうことができる繰り上げ制度、

このデメリットとして挙げられるのが

 

 

「貰える年金が一生減額されたものになる」

というものですが、

 

 

早めに年金を貰った人が亡くなった場合、

その遺族が貰うことのできる

遺族厚生年金の額も減ってしまうのでしょうか?

詳しく解説しています。

 

 

スポンサーリンク


 

早めに年金貰って減額された!自分が亡くなった場合の遺族への遺族厚生年金額にも影響する?

年金の支給開始年齢が今後もじわじわと上がっていき、

2030年以降は完全に65歳支給になります。

男子は2025年に完了。

 

 

とはいえ、年金の繰上げ制度があるから60歳に到達して、

年金保険料納付済み期間+免除期間+カラ期間≧10年あれば

自分の本来の年金支給開始年齢よりも個人の意思で老齢の年金を早めに貰う事は可能です。

 

 

ただし、そのペナルティとして年金が一生減額されたものとなります。

 

 

まあ繰上げをすると年金が減るという事に関しては今まで何度も書いてきた事ではありますが、

もし老齢厚生年金を早めに貰って減額された金額となり、

その後自分が死亡した時に遺族厚生年金に影響するのかどうか見てみましょう。

 

1.昭和32年6月16日生まれの男性(今は60歳)

 

この男性の生年月日からすると、老齢厚生年金は63歳からの支給となる。

 

 

63歳(2020年6月)からの老齢厚生年金(報酬比例部分)は110万円とし、

65歳(2022年6月)からは75万円の老齢基礎年金、

老齢厚生年金(経過的加算)600円が支給されるものとする。

 

 

しかし、平成30(2018)年7月に年金の繰上げをすることにした。

 

 

スポンサーリンク


 

繰上げの期間を見る時は、

繰上げを請求した月から支給開始年齢到達月の前月」までの月で期間を出す。

 

 

つまり、平成30(2018)年7月から老齢厚生年金の実際の支給開始年齢である

63歳の前月の2020年5月までの23ヶ月早く貰い、

老齢基礎年金と経過的加算は2018年7月から65歳前月の2022年5月までの

47ヶ月早く年金を貰う。

 

 

繰上げした分の支給は繰上げを請求した月の翌月分から。

繰上げすると、その本来貰うはずだった年金額を一生減額された状態で支給される。

 

 

1ヶ月早く貰うごとに0.5%減額される。

だから、老齢厚生年金(報酬比例部分)は

110万円×(100-0.5×23ヶ月)%=110万円×88.5%=973,500円。

 

 

老齢基礎年金は75万円×(100-0.5×47ヶ月)%=75万円×76.5%=573,750。

老齢厚生年金(経過的加算)は600円×(100-0.5×47ヶ月)

=600円×76.5%=459円。ただし、

 

 

経過的加算の減額分(600円-459円=141円)は

老齢厚生年金(報酬比例部分)から引いて、経過的加算600円そのものは全額支給。

 

 

たまーに「何で、報酬比例部分から経過的加算の減額分を引くのか」

と聞かれる事がありますが、これは経過的加算の減額分は

報酬比例部分から減額するけど、

 

 

「当分の間、老齢厚生年金には経過的加算を加算した額とする

という決まりがあるのでそうなってる(厚生年金法附則13条の第4の4項)。

 

 

僕自身は経過的加算(差額加算)は65歳前の年金額と

65歳以降の年金額の誤差を埋めるだけの役割なので、

わざわざ減額して支給してないというふうに言ってますけどね。

 

 

よって、2018年7月の翌月である8月分の年金総額は、

{老齢厚生年金(報酬比例部分)973,500円-経過的加算の減額分141円

=973,359円}+老齢厚生年金(経過的加算)600円+老齢基礎年金573,750円

1,547,709円月額128,975円)となる。

 

 

スポンサーリンク


 

さて、ここからが本日の問題なんですが、

もしこの男性が死亡してその時に生計を維持していた妻が居たとします。

 

 

この時は妻に遺族厚生年金を支給という話になりますが、

遺族厚生年金って死亡者の老齢厚生年金(報酬比例部分)の

4分の3の額とよく言われます。

 

 

しかしこの男性は年金の繰上げをやってしまって、

本来の老齢厚生年金が110万円から973,359円に下がっています。

 

 

じゃあ、もしこの男性が死亡して妻に遺族厚生年金が支給される際は

973,359円÷4×3=730,019円に下がるのか

 

 

実はそうはならない。

 

 

遺族厚生年金を支給する際はあくまで死亡者の本来の老齢厚生年金

(報酬比例部分)の4分の3を支給するものとなります。

だから、110万円÷4×3=825,000円が遺族厚生年金となる。

 

 

今回は記事を簡易にして、いきなり老齢厚生年金額で示して

それの4分の3にしましたが、考え方としてはあくまで死亡者の

年金加入記録を用いて遺族厚生年金を計算するという事です。

 

 

逆に65歳以降の年金を貰うのを遅らせて年金額を最大42%増やす

(最大60ヶ月間で1ヶ月遅らせるごとに0.7%増える)年金の繰下げがありますが、

仮に70歳まで遅らせたら本来の老齢厚生年金(報酬比例部分)110万円+110万円×42%

=1,562,000円まで増額します。

 

 

でも、遺族厚生年金を支給する際は、

この繰下げ増額した1,562,000円÷4×3=1,171,500円で支給するのではなく、

あくまで本来の65歳時点の110万円÷4×3=825,000円で支給する。

 

 

だから、遺族厚生年金を支給する際は死亡者が

たとえ年金の繰上げで減額された年金を貰っていても

そのデメリットは遺族厚生年金には影響しませんが、

 

 

逆に年金の繰下げによる増額メリット分も

遺族厚生年金には影響しないという事です。

 

 

ところで

国民年金から支給される老齢基礎年金は遺族年金にはならないの?

と思われた人もいるかもしれませんが 、

 

 

国民年金からの遺族給付は遺族基礎年金といって、

18歳年度末未満の子が居る配偶者

または「18歳年度末未満の子」にしか支払われませんので、

そもそも18歳年度末未満の子がいないと始まりません^^;

 

 

スポンサーリンク


 

 

※追記

 

 

18歳年度末未満の子は、もし子に障害等級2級以上に該当する程度の障害がある

子の場合は20歳到達月分まで延長される。

 

 

なお、障害等級は障害年金の等級と同じであり、

現在持ってる障害手帳の等級が2級以上だから

それで該当という事にはならない。

 

 

障害等級2級以上に該当してるか認定するために

年金専用の診断書の提出が必要。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る