老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

年金受給者が働いたら年金はもらえないの?真相をプロに聞いた結果

よく「定年後も働くと年金がもらえなくなったり、減額されたりする」

という話を耳にしますが、これにはどのような条件があり、

減額となってしまった場合、どのくらい減らされてしまうものなのでしょうか。

 

 

 

事例を紹介しながら「年金停止額」について

わかりやすく解説してくださっています。

 

 

スポンサーリンク


年金受給者となった後も働く場合の年金額の停止の流れ

今日は年金を貰いながら働く場合は年金が停止される場合がある

在職老齢年金」についてです。

 

 

働いたら年金をカット(停止)するなんてけしからん!

ってよく反発のある制度ですが、元々は老齢の年金というのは

退職して引退した時に支給されるものなので、

 

 

 

年金貰うようになっても現役で働くなら停止しますよというものです。

ちなみに年金で言う働くというのは厚生年金加入中を意味します。

だから個人でいくら働こうが年金は停止されない

 

 

またよく、財政が悪化したからこんな制度が出来たんだとも言われますが、

昭和40年から既にあった制度ではあります。

仕組みは今とは異なるものではありましたが…

その人の給与(標準報酬月額)に対して、何割の年金をカットとかそんな形だった。

 

 

ただ、働いたからって全額停止してしまうと酷なので、

その人の給与(標準報酬月額)や直近1年間に貰った賞与(標準賞与額)

合計を12で割った額と老齢厚生年金月額を足した額が一定額を超えると停止がかかってきます。

というわけで、この在職老齢年金を見ていきましょう。

 

 

1.昭和29年6月16日生まれの男性(今は63歳)

 

この男性は61歳からもう老齢厚生年金(報酬比例部分)が100万円(月額83,333円)。

65歳から老齢基礎年金70万円と経過的加算3,000円支給されるものとします。

60歳定年後も標準報酬月額20万円で継続雇用中(60歳到達日までの賃金は38万円だった)。

 

 

7月と12月に賞与をそれぞれ30万円支給されるものとします。

70歳までの労働を考えている。

今現在の在職老齢年金はどうなっているのか。

 

 

ちなみに在職老齢年金に使う年金は老齢厚生年金の報酬比例部分の年金のみ

(厚生年金基金の報酬比例の代行分も含む)。

まず、標準報酬月額20万円と直近1年間に貰った標準賞与額

30万円×2回=60万円)を12で割った額の合計額を出す。

これを「総報酬月額相当額」という。

 

 

・総報酬月額相当額→

標準報酬月額20万円+直近1年間に貰った標準賞与額を12で割った額5万円=25万円

年金月額(基本月額という)は83,333円。これらを用いて年金停止額を算出する。

 

 

・年金停止月額→

{(総報酬月額相当額25万円+基本月額83,333円)-支給停止調整開始額28万円}÷2=26,667円

 

 

スポンサーリンク



※注意

 

 

支給停止調整開始額28万円は平成16年改正で定められた額ですが、

平成17年度以降から今までの物価や賃金の伸びに影響する。

平成29年度も変わらず28万円だった。平成30年度も28万円に据え置き。

 

 

なお、65歳以上になると28万円が48万円

(平成16年改正で定められた額)になって停止基準が緩和されるが、

こちらも平成17年度以降からの物価や賃金の伸びに影響するため

平成29年度現在は46万円に下がっている。

平成30年度も46万円に据え置き。

 

 

つまり、今の老齢厚生年金(報酬比例部分)

83,333円-停止額26,667円=56,666円の支給になるという事。

また、60歳到達時賃金(60歳前6ヶ月間の賃金を180で割って30倍した額)

38万円に対して給与が75%未満に下がってるから(38万円の52.6%になっちゃった)、

雇用保険から高年齢雇用継続給付金が支給される場合がある。

 

 

 

高年齢雇用継続給付金の最大支給率は下がった賃金の15%まで

(低下率が61%未満になった場合)。だからこの人であれば、

実際の給与20万円×15%=30,000円支給という事。

 

 

この給付金も支給されてるものとする。

この場合は更に年金が停止される。

いくら停止されるかというと、標準報酬月額20万円×6%=12,000円

 

 

※参考

 

 

6%停止というのは、給付金支給15%に対して約4割を年金から停止するという意味。

6÷15=0.4になる。

よって、さっきの在職老齢年金56,666円-高年齢雇用継続給付金による停止

12,000円=44,666円が実際の年金月支給額。

 

 

ここで、月の収入総額を出すと

給与20万円+高年齢雇用継続給付金3万円+{老齢厚生年金(報酬比例部分)83,333円

-在職により停止額26,667円-給付金貰ってる事による停止額12,000円}=274,666円となる。

 

 

では65歳以降も同じ給与と賞与の条件で働き続けたらどうなるのか。

総報酬月額相当額25万円+年金月額(基本月額)83,333円<46万円となるため年金停止は無くなる

なお、65歳以上は老齢基礎年金経過的加算

 

 

または配偶者加給年金389,800円といった年金が支給されたりしますが在職老齢年金の計算には含めない

また、高年齢雇用継続給付金は65歳到達月分までしか支給しないから給付金による停止も無くなる。

 

 

※追記

 

 

70歳以上は厚生年金には加入出来ませんが、

厚生年金が適用されてる会社で厚生年金に加入出来るくらいの働き方をすると

年金が停止される場合がある。

 

 

まあ…65歳以上で在職老齢年金による停止がかかっている人ってかなり少数派なんですけどね。

僕の経験上、停止されてるのは大体社長とかそんな人達です。

だから65歳以降も働いたら年金停止されるなんてヒドイ…

とあまりナイーブになる必要はないです^^;。

 

 

ただし、停止がかかる場合でも老齢基礎年金や経過的加算は停止しない

加給年金は老齢厚生年金が全額停止になると加給年金も全額停止になる。

老齢厚生年金が1円でも支給されていれば加給年金は全額支給

 

 

新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]
引用元:https://www.mag2.com/

 

 

スポンサーリンク


 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る