老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

定期預金、保険、投資信託…iDeCoの中身の選び方

iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)の口座開設が完了したら、

いよいよ運用スタートです。

 

 

その際、特に資産運用の初心者の方は、

「商品選び」で悩むケースが多いようです。

 

 

どんな商品を選んで運用するか、その選択しだいで将来受け取れる資産は大きく変わるのです。

そこで今回は、iDeCoにどんな商品があるのか、具体的にどんな商品を選んで運用すればよいのか、

初心者の方向けに解説していきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

「元本確保型」と「元本変動型」の違い

 

iDeCoで選べる商品は、「元本確保型」と「元本変動型」の2つのタイプに分けられます。

元本確保型とは、文字のとおり、元本が確保されているタイプのこと。

運用に回したお金(元本)が減るリスクは非常に低く、

原則として元本割れになることはありません。

 

 

具体的な商品としては、「定期預金」と「保険」があります。

 

 

 

一方、元本変動型とは、こちらも文字どおり、元本が変動するタイプのこと。

運用成績しだいで資産を大きく増やせるチャンスがある一方で、

逆に資産が減ってしまって、元本割れを起こす可能性もあります。

 

 

元本変動型の具体的な商品としては、「投資信託」が挙げられます。

投資信託とは、投資家から集めた資金をもとに、

運用の専門家(ファンドマネジャー)が株式や債券など

複数の資産に投資・運用する金融商品のことです。

 

 

以上のように、iDeCoには「定期預金」「保険」「投資信託」の3種類があるのですが、

ではいったい、どの商品を選ぶのがよいのでしょうか?

 

 

手堅くいきたい方は元本確保型がおすすめ

 

「どうしても元本割れするのはイヤ!」という方はかなりいらっしゃいます。

そんな方には、定期預金や保険といった元本確保型の商品で手堅く運用することをおすすめします。

 

 

とはいえ、現在のような低金利が続く環境下では、

元本確保型の商品だと利息などの運用益は少なく、

資産が大きく増える見込みは期待できません。

 

 

しかしiDeCoには、「積み立てた掛金が全額、所得控除され、所得税・住民税が軽くなる」

という魅力的な節税メリットがあります。

 

 

元本確保型商品で元本を減らさず着実に運用しつつ、

iDeCoの大きな節税効果を得るというのも、有効な選択肢のひとつといえます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

投資信託での運用も検討してみよう

 

今の元本確保型商品だと資産が大きく増える可能性は低いですが、

じつはその可能性を高められる方法があります。

それが元本変動型商品である「投資信託」での運用です。

 

 

投資信託を毎月一定額ずつ積み立てて購入することで、

投資信託の価格(基準価額)が高いときは少ない量を、

低いときには多くの量を買い付けられ、

長期になるほど資産を増やせる確率を高めることができます。

 

 

しかもiDeCoだと運用益が非課税なので、運用益をまるごと再投資し、

それを繰り返すことで、“雪だるま式”に資産を増やすことができます。

 

 

iDeCoの運用益非課税というメリットを享受しつつ、

投資信託で資産を大きく増やす可能性を高められる。

 

 

投資信託とiDeCoは非常に相性がよいと言っていいでしょう。

 

 

ただ、投資信託は元本保証がありません。

運用実績に応じて資産が増えることもあれば減ることもあります。

「投資信託だけの運用だとちょっと不安……」という人は、

資産の一部だけ投資信託で運用してみてはいかがでしょうか。

 

 

iDeCoでは、元本確保型と元本変動型の商品を複数で組み合わせて運用することもできます。

例えば、資産の大部分は定期預金に預けて、投資信託をちょっとだけ組み込むといった運用も可能です。

まずは投資信託の運用に少しずつ慣れることから始めていきましょう。

 

 

「低コスト」と「高い運用成績」がカギ

 

ひとくちに投資信託と言っても、「株式」「債券」「不動産」といった資産別、

また「国内」「先進国」「新興国」といった地域別でその種類は多数あります。

 

 

そんな数多くの投資信託の中から、何を基準に自分に合った投資信託を選べばよいのでしょうか?

 

 

まず1つ目は、「コストが低いこと」です。

投資信託には、運用中に「信託報酬(運用管理費用)」というコストがかかるのですが、

これがあなどれないのです。

投資信託の1年間の運用益が3%だった場合、

仮に信託報酬が年2%であれば、実際の儲けは、

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――
3%(投資信託の年間運用益)-2%(信託報酬・年率)=1%
――――――――――――――――――――――――――――――――――
しか手元に残りません。

 

 

これが長期になればなるほど、運用で増やすチャンスをみすみす逃すことになるのです。

コストを抑えたいなら、信託報酬が低い投資信託を選びましょう。

 

 

例えば「iDeCoナビ」の「運用管理費用(信託報酬)で比較」では、

信託報酬の低い順に、iDeCoで採用されている投資信託のランキングを一覧できます。

 

 

よく調べてみると、信託報酬が年0.1~0.2%台と超低コストの投資信託がたくさん見つけられます。

そして2つ目は、「運用成績が良好であること」です。

長年にわたりプラスのリターンをコンスタントに積み重ねてきた投資信託は信頼度も高く、

安心できます。

 

 

もちろん過去の運用成績が高くても、将来の運用成果を約束するものではありませんが、

まずは実績のある投資信託で運用を始めてみるのもひとつの選択肢といえます。

 

 

実際、20%以上ものリターンを獲得した投資信託もたくさんあることがわかりますよ。

 

 

迷った時は「バランス型」投資信託

 

「それでも、どの投資信託を選べばいいのかわからならい……」。

そんな方は、「バランス型」の投資信託を1本選んで運用してみることをおすすめします。

 

 

バランス型投資信託は、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券といったように、

世界各地域にある複数の資産にバランスよく分散投資して、

1つのパッケージとなっているタイプの投資信託です。

 

 

そもそも、今後値上がりする資産を予想して投資をするのはプロでも至難のワザです。

であれば、複数の地域・資産がバランスよく配分されているバランス型投資信託を

選んだ方がラクチンといえます。

 

 

また、自動的に分散投資された世界の各資産を長期で積み立てていくことで、

世界経済の成長の“旨味”を取り込みながら、資産を増やしていけるというメリットも得られます。

 

 


メリットとデメリットを理解し、それぞれの商品の特徴を知って、

自分にあった運用方法を始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

図解知識ゼロからはじめるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書 [ 大江加代 ]

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

引用元:https://media.moneyforward.com/

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る