老後破産

老後破産しないための情報館

老後破産にならないために役立つ情報ピックアップしてお届けしています。

なぜ「昭和の専業主婦」は、国民年金に強制加入されなかったのか

昭和61年4月施行の大改正で大きく変わった年金制度。

実はその時点までは、会社員や公務員の専業主婦は

国民年金には強制加入ではなく任意での加入でした。

 

 

 

なぜ強制加入とされてこなかったのでしょうか。

 

 

その謎を明らかにしています。

 

 

スポンサーリンク


 

 

どうして昭和の時代のサラリーマンの専業主婦を国民年金に強制加入させなかったのか?

 

国民年金は昭和34年4月にできましたが、

昭和36年4月からは20歳以上で60歳未満の人が

厚生年金にも共済年金にも加入していない人が

強制的に加入するものになりました。

 

 

その国民年金は昭和61年4月からどんな業種であろうが

20歳以上で60歳未満は国民年金に加入するという形になりました

(昼間学生は平成3年4月から)。

 

 

これにより、どんな人でも自分名義で

将来は基礎年金を受け取るという形になったんです。

 

 

昭和61年4月からその基礎年金制度ができたんですが、

それまではサラリーマンや公務員の専業主婦(主夫)の人や

学生は国民年金には強制加入ではありませんでした。

 

 

つまり加入してもしなくてもいいという「任意の加入」だったんですね。

 

 

まあ学生は保険料を納める能力が高くないという事で

任意で構いませんって理由ですが、

サラリーマンや公務員の専業主婦は

なぜ強制加入にしなかったのか。

 

 

厚生年金っていうのは自分だけの保障をするものではなく、

世帯ひっくるめて保障する年金だったからです。

 

 

スポンサーリンク


 

 

だから、厚生年金には配偶者加給年金

(今年度は389,800円)が付いたり、また、

夫が死亡しても遺族厚生年金として妻の生活保障が行われる。

 

 

つまり、世帯の面倒を見る年金だったから

わざわざ専業主婦の人を国民年金に

強制加入させる必要は無いだろうという事で

任意加入とされました。

 

 

しかしこのままだと離婚した時には妻は将来は

何の年金も出ない事になりますよね。

 

 

また、年金に加入してないから万が一障害を負った時

障害年金の請求が不可になってしまう。

 

 

よって、昭和61年4月からそういう専業主婦も

強制的に国民年金に加入させて、

老齢になっても将来は自分の名義で

年金が受け取れるようになった。

 

 

この人達は国民年金第3号被保険者と呼ばれる。

もう今まで何度も言ってきた事なのでそんなの知ってるよ!

っていう読者様は多いかもしれませんが(笑)

今は910万人くらい。

 

 

だから、本来なら夫の厚生年金に配偶者加給年金を

終身付ける必要は無くなり、

 

 

妻が65歳になれば妻自身名義で老齢基礎年金

(満額779,300円)が受け取れるから

配偶者加給年金は妻が65歳以上になった時は

消滅させることにした。

 

 

なお、国民年金に強制加入させるといっても

自ら保険料を納めてもらうわけではなく、

厚生年金から拠出金という形

その妻の基礎年金の費用を賄ってる。

 

 

簡単に言うと、厚生年金保険料の中に

専業主婦の国民年金保険料の分が

含まれてるような形。

 

 

といっても、夫一人分の厚生年金保険料支払えば済む事。

 

 

スポンサーリンク


 

 

保険料支払わなくても将来は基礎年金に反映してもらえるから、

国民年金第3号被保険者は不公平だ! 廃止しろ!

っていう声は現代は強いですが、

 

 

そもそもこの基礎年金制度ができた昭和61年4月の時は

女性の年金権が確立されたっていう事で非常に評価されたんです。

 

 

昭和61年4月というのは男女雇用機会均等法が

施行された時でもありますよね。

 

 

しかし、夫が会社勤めで専業主婦家庭よりも

夫婦共働き家庭の数が多くなった平成9年頃から、

特に働く女性から専業主婦は不公平だ!

 

 

との批判が強くなりいろいろ問題になってるわけですね。

別に専業主婦が優遇されてるわけじゃないんですが、

保険料払わなくていいからズルいって見られてしまう。

 

 

健康保険だってサラリーマンの扶養に入ったりすると

被扶養者は個別に健康保険料は支払わなくても、

病院で3割で治療が受けれるのに健康保険は

そういう批判は特にない。

 

 

年金はダメで健康保険はよいっていうのも

よくわからないところがあります。

 

 

金銭的に目に見えるか見えないかの違いの差なんだろうか。

 

 

さて、働きに出る女性が多くなったのは、

やはり生活が便利になり始めたからです。

 

 

そもそも昭和のまだ高度経済成長に入りだした

昭和30年代あたりまではですね、

女性が家庭に入ってしまうと家事育児で忙しすぎて、

女性が働きに出るなんてことは考えられない時代でした。

 

 

だって、その辺りの時代って洗濯機すら

無かったから手で洗濯するしかなかったわけですよ。

 

 

今じゃイクメンが美徳のような時代になってきましたが、

最近のニュースでチラッと目にしたんですが

80歳以上の男性の約8割が子育てはしたことは無く、

家庭の事は妻に任せっきりだったという記事がありましたが、

 

 

凄い割合だね(笑)って思いました。

そういう時代だったという事ですね。

 

 

まあ、洗濯も手でやんないといけなかったんですが、

そんな昭和30年代である1960年代になると

三種の神器といって洗濯機冷蔵庫白黒テレビが出てきました。

 

 

だんだんいろんなことが便利になってきて、

専業主婦の人たちは非常に家事の負担が軽減されていったわけです。

 

 

1970年代になるとそれがグレードアップして

3Cって言葉が出てきてクーラーカラーテレビカー(車)を

持つことが家庭の夢になってきた。

 

 

マイホームなんかも、大抵の家庭は木造住宅ですから

コンクリートの住宅に憧れるわけです。

 

 

当時だったら団地ですね。

 

 

経済が成長してきてマイホームを持ちますね。

そうすると、あれが買いたいこれが買いたいという家庭が増えてくる。

 

 

そうやって消費が伸びるから経済もどんどん伸びる

経済はすごい伸びていきましたが、当時はその代償として

公害というとんでもない問題が発生してしまったんですけどね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

今は日本は綺麗っていうイメージですが、

大気は汚染されるは海や川は工場の汚水で

魚が住めないような状態になっていった。

 

 

人間には、富山県のイタイイタイ病とか

熊本や新潟の水俣病、三重県の四日市ぜんそくとか有名でしたが。

 

 

さて、家事の忙しさが軽減されてくると、

子供に手がかからなくなってきたら

ちょっと働きに出ようかなという女性が増えてきた。

 

 

そんな中、国民年金というのは本来サラリーマンでも

公務員でもない人である、自営業者とか零細企業等の年金に

加入できてなかった人達が加入するものだったんです。

 

 

国民年金ができた昭和30年代とか昭和40年代の頃というのは、

第一次産業である農業や漁業の人が就労者の40%くらいを

占めていました。

 

 

ところがサービス業とかの第三次産業の割合が増えていき、

国民年金に加入する人は減っていきました。

 

 

どういうことかというと、国民年金保険料支払う人が

少なくなっていくという事です。

 

 

今じゃ第一次産業は4%にも満たりません。

そうなると国民年金の財政というものが

危うくなっていきますよね。

実際危うくなっていったんですけどね。

 

 

雇用者は昭和30年は850万人くらいでしたが、

昭和40年になると1,800万人、

昭和50年代になってくると2,400万人、

昭和60年過ぎくらいになると3,000万人超えてきたんですね。

 

 

つまり国民年金じゃなくて厚生年金のほうに流れて行っちゃう。

国民年金の財政は危うかった

 

 

しかし、その国民年金財政を支えたのは

専業主婦のような任意加入の人たちだった。

 

 

国民年金の強制加入者は昭和50年頃の2,000万人あたりから減る一方でしたが、

任意加入者は増えていった。任意加入者は国民年金ができた

昭和36年4月時点では220万人でしたが、

それが昭和50年代半ばあたりになってくると

750万人くらいまで増えていった。

 

 

国民全員が国民年金に加入する基礎年金制度ができるまでは、

そういう任意加入という不確実な立場だった人達が

財政を支えていたんですね。

 

 

昭和61年4月になるまでは

国民年金、厚生年金、共済組合は別々の制度でしたが、

国民年金はその名の通り20歳以上60歳未満の人が

 

 

それぞれの職業に関係なく全員加入する形で基礎の年金を持ち、

その上に給与や賞与に比例して支給する

厚生年金や共済年金になっていったわけです。

 

 

年金制度は一つの制度に統一すべき(一元化)だって事は、

昭和50年頃からの課題でしたが、

基礎年金制度の導入によって一元化の先駆けとなったんですね。

 

 

昭和60年の年金大改正は少子高齢化を乗り切るために給付を抑制し、

保険料負担を抑えるという目的でもありましたが、

国民年金を救うための改正でもあったんですねー。

 

 

 

新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』が14万部のヒット

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

 

 

スポンサーリンク


 

 

引用元:https://www.mag2.com/

 

老後破産は嫌だ!

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る